家畜の飼養衛生管理基準について

家畜の伝染性疾病の発生を予防するためには、日頃の適切な飼養衛生管理の実施が重要です。
大切な家畜を守るため、飼養衛生管理基準の遵守をお願いします。

飼養衛生管理基準とは

飼養衛生管理基準とは、家畜伝染病予防法で定められた、家畜の所有者の皆様が日頃の衛生管理において守るべき基準です。

飼養衛生管理基準の制定と改正の経緯

  • ●平成16年9月
    食品の安全性の確保のため、家畜伝染病予防法第12条の3に基づき、飼養衛生管理基準を制定。平成16年12月1日施行。
  • ●平成23年10月
    国内における口蹄疫や高病原性鳥インフルエンザの発生を踏まえ、平成23年10月1日付けで飼養衛生管理基準を改正。
    改正ポイント
    1. ①農家の防疫意識の向上
    2. ②消毒等を徹底するエリアの設定
    3. ③毎日の健康観察と異状確認時における早期通報・出荷停止
    4. ④埋却地の確保
    5. ⑤大規模農場に関する追加措置の新設
  • ●平成29年2月
    豚流行性下痢(PED)の疫学調査報告書等を踏まえ、平成29年2月1日付けで飼養衛生管理基準を改正。
    改正内容(追加項目)
    1. ①生肉が含まれる可能性がある飼料の加熱処理(豚・いのしし)
    2. ②家畜の死体の保管場所への野生動物の侵入防止(全畜種共通)
    3. ③家畜の死体及び排せつ物を移動する場合の適切な措置(全畜種共通)

飼養衛生管理基準に関する資料

トップページに戻る