山羊の登録

お知らせ

山羊登録の目的

記録を正確に後世に伝え、能力の向上を図る。

本登録証明書

山羊の登録目的は、祖畜からの血縁関係、能力やその潜在的素質、体型(外貌)、遺伝的特質、欠陥因子の有無などの記録を正確に後世に伝え、それを保存、利用することです。

また、形質の改良と能力の向上を図るためにも利用しています。

  • 最近では、愛玩や休耕地の雑草退治用として飼育される方が登録する事が増えています。
    (畜産技術協会HP http://jlta.lin.gr.jp/sheepandgoat/ )

山羊登録のメリット

  1. ① 血統が証明できる。
  2. ② 優れた血統を残すことができる。
  3. ③ 遺伝的不良形質を未然に防ぐことができる。
  4. ④ 近親交配を防止できる。

山羊登録の条件

基礎登録
  • 生後12ヵ月以上のもの(発育良好なものは12ヵ月未満でも可)
  • 審査の上、改良の基礎又は材料として適当と認められたもの
産子登録
(旧規定本登録相当)
  • 純粋種として排除すべき著しい不良形質が現れていないもの
  • 登録山羊の間に生産されたもので、離乳前のもの
  • 外国の血統書又は種付け証明書を有し、協会が適当と認めたもの
本登録
(旧規定高等登録相当)
  • 血統登録を受けたもの
  • 生後15ヵ月に達し、審査標準による審査の結果、体各部位の付点率が70%以上で、総得点が75点以上
  • 雌は、泌乳能力の審査を受け、所定の乳量に達し、表示を受けたもの
  • 父母の繁殖成績に異常を認めないもの

山羊登録の流れ

登録・登記の流れ -日本ザーネン種山羊-

お問い合わせ

▼ 家畜登録に関するお問合せは、こちらまでお電話下さい。

〒379-2147 群馬県前橋市亀里町 1310番地(群馬県農協ビル6階)

http://www.chikusankyokai.or.jp/
トップページに戻る