ホルスタインの登録

お知らせ

  • 1.第21回群馬県畜産共進会(乳牛の部)
    期日平成29年10月29日(日)
    場所群馬県畜産試験場
    出品予定頭数120頭
  • 2.牛群審査及び後代検定材料娘牛等体型調査の実施(予定)
    前期平成29年5月31日~平成29年 6月16日
    後期平成29年12月4日~平成29年12月20日
    調査計画頭数前期268頭 後期282頭 計550頭
  • 3.登録推進
    夏期8月中旬から実施予定
    冬期2月上旬から実施予定

ホルスタイン登録の目的

乳量、乳成分の向上で、酪農経営の改善を目指す。

血統登録証明書

ホルスタイン登録の目的は、泌乳能力や飼料効率等を向上するための品種改良です。 酪農経営の安定のためには「コストの低減」と「生産性の高い牛の拡充」が欠かせません。そのためには、個々の牛が持つ遺伝的能力を高めていくことが重要です。ホルスタインを登録することで、後継牛に能力向上を期待できるような、交配計画を立てることができるようになります。

また、遺伝的能力の向上は、早い段階で特徴が現れることも少なくありませんので、直接的な収益性の向上にも影響します。

ホルスタイン登録のメリット

  1. ① 血統が証明できる。
  2. ② 優れた血統を残すことができる。
  3. ③ 遺伝的不良形質を未然に防ぐことができる。
  4. ④ 近親交配を防止できる。
  5. ⑤ 付加情報により個体販売に有利になる。

ホルスタイン登録の条件

雌 牛 ホルスタインの特徴と毛色(黒白斑、赤白斑、異常斑紋)をもつこと。
血統濃度が47%以上で、下記の①~⑤のうち何れかに該当すること。
雄 牛 ホルスタインの特徴と毛色(黒白斑)をもつこと。
血統濃度が93%以上で、下記の①~⑤のうち何れかに該当すること。
  1. ① 父牛、母牛が登録牛である。
  2. ② 父牛が登録牛で、母牛はホルスタイン種の毛色及び特徴を持つ(母が確認できること。)
  3. ③ 父が承認外国登録団体の血統登録牛である。
  4. ④ 父、母が承認外国登録団体の血統登録牛の受精卵移植の生産牛である。
  5. ⑤ 本牛が承認外国登録団体の血統登録牛である。

ホルスタイン登録の流れ

お問い合わせ

▼ 家畜登録に関するお問合せは、こちらまでお電話下さい。

〒379-2147 群馬県前橋市亀里町 1310番地(群馬県農協ビル6階)

http://www.chikusankyokai.or.jp/
トップページに戻る